ニュース News

業界情報バックナンバー

2006年12月28日
ワイン・ボトル栓
スクリュー・キャップはコルクに代わるのか
ワイン・ボトルの栓として長年使用されているコルクが、過去のものになるかもしれない...... 現在、ワイン業界では、コルクからスクリュー・キャップに徐々にではあるが変更する傾向が見られる。その主な理由は、コルクの加工過程で、また、製品として出荷されたあとでも増加すると言われる「コルク・テイント」と一般的に呼ばれる、TCA(2,4,6トリクロロアニソール)によるワイン品質劣化の問題を回避するためと言われる。
ワイン業界に23年間関わり、現在、フランスのPERNOD RICARD社に勤務するヒギンズ氏は、コルクに起因するTCAによるワイン品質劣化の割合は、全ワインの2〜3%と推定する。
数年前よりワイン業界では、この問題に対処するいくつかの策が試みられている。そのうちのひとつにゴム合成コルクがあるが、従来のコルクに比べ、冷えたボトルから抜けにくいという難点がある。ヴィン・ロックと呼ばれるガラス製ストッパーも開発された。しかし、現在の所、世界的規模を誇る特殊容器メーカー、アルキャン・パッケージング社(本社をカナダ、モントリオールに置く、世界主要アルミ供給会社アルキャン社の一グループ)が開発・供給するステルヴィン・キャップの名でも知られるスクリュー・キャップが、その開け易さから、コルクに代わる栓として採用され始めているようだ。
スクリュー・キャップに対する消費者の反応は、今後更に明らかになるであろうが、「ワイン・ビジネス・マンスリー」誌の調査によると、2005年のオーストラリア産ワインの40%に、また、ニュージーランド産ワインの70%に、すでにスクリュー・キャップが使用されているとのこと。
コルクと比較し、製造費用が低く抑えられ、スクリュー・キャップ・ボトルをワイナリーで保管する必要がないという点で便利、など、スクリュー・キャップの利点を認める小規模ワイナリーもある。一方、ワインを長期間ねかす際、少量の酸素を必要とする点で、密閉性の非常に高いスクリュー・キャップのワイン栓としての適性を疑問視する声もある。
コルク業界は、コルク産出量が多いポルトガルに代表されるようにコルクオーク森林の保存に成果を上げていることや、コルクが再生可能で、生物分解性である点を強調。そして、長年使用されてきたコルクの持つ豊かな伝統、古い年代のワインを開ける時にコルクが徐々に醸し出す独特の神秘性、期待感、にこだわるワイナリー、ワイン愛飲家たちままだまだ多くいる。
(Copley News Service, 2006 December 22)
2006年12月26日
容器内面にも差別化を
厚紙製キャニスター(円筒形状容器)の内面全体に印刷を施す「インテリア(インサイド)・プリンティング」が、ソノコ・プロダクツ社(米国サウス・キャロライナ州ハーツヴィル)より紹介されている。今年10月下旬より米国シカゴにて開催されたパック・エキスポ展示会にて発表されたこの技術は、同社が、今年10月に吸収した、効果的ブランド識別包装デザイン・製造に100年余り関わるシン・メイド・パッケージング・グループ(米国オハイオ州シンシナティ)から得たもの。ジャマイカのJ.Wray&Nephew社は、同社のアップルトン・エステート・ラム酒用キャニスターに、この内面印刷を活用する
(Packaging News, 2006 December 21)
2006年12月21日
缶によるブランド確立をウェッブサイトで提案
メーカーのブランド開発担当者、製品デザイナー、容器担当エンジニアらに、缶から得られる利点を紹介する目的で、クラウン・ホールディングズ社(本社、米国フィラデルフィア州)は、同社による「Brand Building Packaging」をテーマとするウェッブサイト www.crowncork.com を立ち上げる。容器デザイン創出のパートナーとして果たせる同社の役割説明、店頭での差別化を図り、且つ、消費者の製品へのリピートを得るための同社製容器(エアゾール缶、飲料缶、食缶、缶用蓋、特殊缶)各種の紹介、などの情報が得られる
(Packaging News, 2006 December 19)
2006年12月20日
米国人気地ビールメーカー、ブルックリン・ブリューワリー社の事業拡大
エジプトに駐在中に家でのビール醸造法を習得した元ジャーナリストが起業したブルックリン・ブリューワリー社の地ビール人気は地元ブルックリンの留まらず、今では米国18州に加え、英国、香港、日本、フィンランド、デンマークならびにスェーデンにまで販売されている。地ビールは、伝統的な醸造方法によりビールを造るマイクロ・ブリューワリー・ビールとして80年代に人気を博した後、3年程前から再びクラフト・ビールとして注目を集める。アンハイザー・ブッシュ社、ミラー社、モルソン・クァーズ社ら米国主要ビール・メーカーはこの地ビール人気を見逃さず、地ビールに似た味・スタイルを持つビールを販売開始。地ビール・メーカーが事業拡大し過ぎと懸念され始めているこの頃、地ビール・メーカーに比べ、費用効率高く醸造が可能な、体力ある主要ビール・メーカーは、シェアを奪回する可能性もあるのかもしれない(弊社業界記事10月5日に関連記事)
(Reuters, 2006 December 18)
2006年12月19日
触覚に訴える容器用印刷インキ
触知可能な隆起した部分と基板との間の差異を創出するために個々のセルを浮き立たせるインキ&ラッカー「タクトゥル」を、サン・ケミカル社(拠点:米国、英国ならびにオランダ)が発表。例えば、飲料ボトルを掴み易くするのに、型で形状を作る代わりに、このインキを利用することが出来る。この様に、容器全体を変えずに一部分に使用することで、新たな機能を添えたり画期的デザインを加えることが可能。彫りを専門とするキーティング・グループと共同開発したグラビア印刷システムは、「タクトゥル」インキ&ラッカーを標準型シリンダーを使って印刷する。視覚だけではなく触覚をも通じて消費者に訴える差別化戦略のひとつとなる
(Food Production Daily, 2006 December 18)
2006年12月14日
ワイングラスと一体化したワイン用アクリル製ボトル
オーストラリアのワイン生産会社として最大規模を誇るハーディ・ワイン社は、「シャトル」と名付ける業界初のワイングラス付アクリル製ボトルを発表。このボトルは、一人分量サイズ(187ml、英国市場向けにのみ250mlサイズを試験販売)のアクリル製ボトルに、アクリル製ワイングラスを逆さにして被せるように取り付けたボトル。巻き締めを緩めることにより、グラスをボトルから取り外し、ワインを注げる。このボトルは、元々、エンターテイメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユによるヴァレカイのオーストラリア公演ツアーのために開発されたもので、観客に非常に好評だったため、今回本格的採用となった。賞味期間は、従来のワイン用小型PETボトルの6ヶ月よりも長い12ヶ月を保証
(Hardy Wine Media Press, 2006 December 11 / West Australian Newspaper, 2006 December 12)
2006年12月12日
RFID、缶へ搭載
世界最大規模のパッケージング会社クラウン・ホールディングズ社(本社:米国フィラデルフィア州)と防衛・警備システム・メーカー、キネティック社(英国)は、キネティック社供給のオムニIDパックRFID技術を缶内部に組み入れるための共同開発プログラムを発表。これは、UHF(極超短波)帯RFIDタグを様々な種類の金属製容器へ統合する開発で、厚さ1mm以下のタグは、金属の素地に直接搭載される。このRFIDチップは、タグに通常取り入れられていた大き目のダイポール・アンテナを使用せず、短めのカプリング・アンテナのみを要するため、製造費用を著しく削減。この開発を通じ、これまでRFID使用に課題の多かった缶が、競合するその他容器にはない利点を有することになる。この技術は、まず、香水、リカー、菓子、インク・カートリッジなどの高級品用缶へ使用されるとのこと
(MoreRFID.com, 2006 December 5 / Crown Press Room, 2006 December 4)
2006年12月7日
PET容器、米国でリサイクリ率上昇
スチール缶、EU諸国でリサイクル率上昇
米国の2005年度PET容器のリサイクル率が、前年度の 21.6%から23.1%に上昇。米国でリサイクル可能なPET容器量は、2005年には前年比9.4%増加。PET容器量増加は、主にミネラル・ウォーターならびにアイソトニック飲料の売上大幅増加に伴うもの。一方、EU の2005年度スチール缶リサイクル率は、前年度を6%上回り、平均63%を記録。これは、 2008年までに、EU加盟国各国が、缶全ての50%をリサイクルするというEUが掲げた厳格な目標が影響していると見られる。ベルギーでは、すでに、スチール缶リサイクル率92%を達成している
(Packaging News, 2006 December 5 / Decision News Media SAS, 2006 December 4)
2006年12月6日
チタンを基とするPET樹脂
北米地域で第3位の規模を誇るポリエチレン・テレフタラート(PET)樹脂生産会社、ウェルマン社(米国ニュージャージー州)は、特許所得済み「パーマクリアTi」と呼ばれる、人体に対して毒性を与えるとの疑いがあるアンチモンを全く含有しないチタン・ベースのPET包装用樹脂を発表。この新樹脂は、炭酸ソフトドリンク飲料業界向けに作られたもので、同社のチタンをベースとするホット充填用「サーマクリアTi」を補完したもの。これを使用することで、充填温度を5%上げることが可能となり、また、飲料のフレーバーを損なう原因となるアセトアルデヒド・レベルを25〜30%削減する
(Packaging News, 2006 December 1)
2006年12月5日
アンハイザー・ブッシュ社、インベヴ社ビールを米国で独占販売
アンハイザー・ブッシュ社(米国)は、世界最大のビール・メーカー、インベヴ社(ベルギー)と交わした先月末付の契約により、インベヴ社製ビール(ベックス、バス、ステラ・アルトワを含む、同社カナダ・ビールのラバットとブラーマ・ブランドを除く)を、来年2月1日より、米国市場向けに独占的に輸入開始。去る10月初旬には、アンハイザー・ブッシュ社のライバル、世界第2位規模のSABミラー社との契約により、子会社ミラー社(米国)が、来年1月より、SABミラー社の南アメリカ市場の人気ブランドビールの米国販売を発表したばかり。ミラー社は、ポーランドならびにイタリアのビールも、オーストラリアならびにチェコのビールと並び、米国へ輸入している。米国では、近年、輸入ビールと地ビールの人気が国産ビールの人気を上回る。米国の輸入ビール売上は、2005年度には、米国ビール市場全体の12.4%を占めるに至った
(The Business Journal, Milwaukee, 2006 December 1)
2006年12月4日
コカ・コーラ社、カリブ・コーヒー社とアイス・コーヒー販売
コカ・コーラ社は、現在、米国第2位の規模を誇るスペシャルティ・コーヒー・メーカーとして米国17州とワシントンD.C.の423店舗にて事業を展開するカリブ・コーヒー社(本社:米国ミネソタ州ミネアポリス)と提携し、2007年夏よりアイス・コーヒー飲料を販売する(弊社業界情報11月8日に関連記事)。一方、ペプシコ社は、米国内 "ready-to-drink "コーヒー飲料市場で90%を占めるスターバックス社とすでに提携している(弊社業界情報10月11日に関連記事)。コカ・コーラ社は、今年に入り、ゴディバ社とともに、チョコレート・コーヒー・フレーバー飲料を発表(8月)するなど、成長著しいコーヒー/ティ分野に積極的に進出を始めている(弊社業界情報10月17日に関連記事)
(Star Tribune, Minneapolis, 2006 November 30)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ