ニュース News

業界情報バックナンバー

2006年10月31日
米国主要ビール・メーカー
ホリディ・シーズンに向けてチョコやパンプキンのフレーバー・ビール発表
米国では、10月末のハローウィーンを過ぎると、11月末のサンクス・ギビングそして12月末のクリスマスと、年末まで米国最大のホリディ・シーズンに入る。この時期には、通常、消費者の財布の紐は緩くなる傾向にあるが、今年もその機会を利用しようと、他の業界と同様、米国の主要ビール・メーカーは、その時期限定の、しかも地ビール・メーカーが長年の経験を生かし得意とする、「フレーバー・ビール」販売、を試みる。
米国第2位規模のミラー・ブリューイング社は、カカオを使用して醸造したビールを、同社の創業者の名を冠す「フレデリック・ミラー・クラシック・チョコレート・ラガー」として、米国中西部6州にて、これから年末までの限った期間に販売する。
一方、米国第1位の売上を誇るアンハイザー・ブッシュ社は、ヴァニラ・オーク・フレーバーのチョコレート・ビールを昨年に引き続き今年も販売することを決めた。同社は、また、秋向けにはパンプキン・エール、冬向けにはヴァニラ・フレーバーのバーボン・エール、をそれぞれ有しおり、今年は、それらを初めてプラスチック製ボトルに詰めて発表する。
米国主要ビール・メーカーのこうした動きは、ワインに代表されるビールを除くアルコール飲料に市場を独占されるという事態に直面し、ビールに再び活力を与えようとする試みの一環であると、ミンテル・リサーチ社アナリストのマックレイン氏は言う。国内主要ビールの売上が近頃低迷する中、地ビールならびに輸入ビールが売上を伸ばし、ビール市場を引っ張っているのが現状だ。
「フレーバー・ビールそのものが注目され売上増加を促す」と、地ビール・メーカー各社もこの主要ビール・メーカーのフレーバー・ビール市場参入を歓迎している模様。主要ビール・メーカーがフレーバー・ビールというニッチ製品を少量醸造するという姿勢が、地ビール・ファンに、主要ビール・メーカーへの信頼性を育ませるきっかけになる可能性もある。ある小さな町のパブで飲んだチョコレート・フレーバーのビールが、実はミラー社の製品であったことに驚き、その味が非常に良かったことにさらに驚いたという地ビール愛飲家もいるようだ。
ミンテル・リサーチ社によると、昨年度最大の売上を記録したビールのフレーバーは、レギュラーではあったが、第2位はパンプキン・フレーバー、そしてそれに続くのがハニー、ヴァニラそしてナッツ、というフレーバーであったとのこと。地ビール・レベルでは、ジンジャー、アップル、ブルーベリー等のフレーバー・ビールも販売されている。
(Associated Press, 2006 October 29)
2006年10月24日
セルロースを加えて、プラスチックの強度を増加
米国ニューヨーク州立大学の環境科学・林学カレッジの研究グループは、主に木からセルロースのナノ結晶を抽出し、プラスチックと混合する技術を研究・開発中。プラスチックにこの結晶をわずかに加えることにより、プラスチックの強度がはるかに増すことがわかっている。土に廃棄すると、二酸化炭素と水に生物分解する点にも注目。この研究グループは、現在、結晶を更に精製し、プラスチックへの粘着性を高める開発を進めているとのこと。この研究は、米国政府ならびにイーストマン・ケミカル社により支援されている
(U.P.I., 2006 October 18)
2006年10月17日
コカ・コーラ社:カロリーを燃焼する緑茶飲料発表
米国ジョージア州アトランタのコカ・コーラ社によると、同社とネスリー社とのジョイント・ベンチャーで開発した製品「ENVIGA」は、成分のカフェイン、カルシウムならびに緑茶エキスが新陳代謝を促進し、12オンス(360ml)サイズ缶3缶分で60〜100カロリーを燃焼する可能性があるとのこと。緑茶、ベリー、ピーチの3種のフレーバーで、来月より米国北東部で発売、翌年1月には米国全域にて販売開始予定
(International Herald Tribune, 2006 October 11)
2006年10月12日
ロシアのアルミ製ビール缶
アルミ製造会社の宣伝効果で、出荷量増加
ロシアでは、ビールは昔からプラスチック製容器に詰められ、ソフトドリンクやたばことともに道端のキオスクで販売されていた。貧しい人々のための安上がりの容器に入れられた安価な飲料と見られていた。
ロシア最大規模を誇るアルミ製造会社、RusAl社、は、そんなビールのイメージを変えつつある。同社が掲げるメッセージは、ロシアの流行に敏感な大人が好んで飲むのはウォッカではなくビールであり、彼らはそのビールをアルミ缶から飲む...というものだ。全ては、同社自身が創出した、同社の利益 -アルミ売上の増加- のためのキャンペーンだ。
1999年、ロシアでの缶需要は、市場の0.4%を占めるに至らなかった。缶のイメージは、当時市場に出回っていた、消費期限を過ぎ、過剰な防腐剤のために製品品質が劣化したスチール製輸入缶詰から受けたイメージである。RusAl社はそこに注目し、2000年にロシア国内で初の飲料缶製缶工場をモスクワ郊外に建設した。
RusAl社は、ビール・メーカーや消費者がアルミ缶を使い始めるのを待つのではなく、むしろ自ら、ビールの利点を称えるような広告を掲げることにより、アルミ需要を創出することを決めた。当然のことながら、宣伝するビールはアルミ缶に詰められている。現在放映される同社のテレビ・コマーシャルの数は14に上る。
しかしながら他方、ロシアの厳格な広告規制により、ロシアでのビール・メーカーの販促活動は容易ではない。ロシア国内では、テレビでのビールに関連する宣伝放映時間は、午後10時から翌日午前7時までに限られ、そのコマーシャルには、人間、動物、アニメの登場を禁じている。
このような環境下で、アルミ缶は、代替広告媒体を提供する。さらに、アルミ缶は、ビンやプラスチック製容器に比べ、色持ちが良く、ブランド名や図柄をより大きく見せるスペースがある、という点で、より効果的な広告を加えることが可能な容器である。このアルミ缶の利点は、店頭棚のみならずテレビにおいても非常に重要だ、なぜなら、「製品」そのものが、厳格な規制の中、放映を許されるほぼ唯一のものだからだ。
ロシアの流行の先端を行く大人たちも反応を示している。これらのキャンペーンを通じ、アルミ缶は、高品質で、環境に優しい容器だと認識され始めている様だ。
RusAl社の製缶部門、ロスター社、の前出のモスクワ郊外工場は、現在、年間15億缶の生産能力を有する。同社は、近年の缶需要増加により、さらに15億缶の生産能力を備える工場を、セント・ピータースブルグ郊外に建設した。
ロシアのビール用容器市場でアルミ缶が占める割合は、1999年の0.4%から、2006年には11.5%にまで成長している。
(just-drinks.com, 2006 October 4)
2006年10月11日
スターバックス社:自動販売機でのコーヒー販売をまもなく開始
国際的に事業を展開するコーヒー販売会社スターバックス社(米国ワシントン州シアトル)は、ペプシコ社とのジョイントベンチャーを通じ、同社ホットラテ、ココア等6種を、スターバックス・ホット自動販売機にて提供する計画を発表。従来のコーヒー自動販売機を進化させたスターバックス・ホットコーヒー自動販売機は、現金の他、スターバックス・カードあるいは主要クレジットカードでの支払いを受け付け、ペプシコ社開発の瞬間加熱ヒート・オン・デマンド技術により、同社の高品質ホット・ラテ、ココアを1分間以内に注入、熱過ぎて持てなかったとの苦情の多かった従来のカップを変え、缶周辺に断熱ラベルを装着した、9フルーイッド・オンス・サイズのリサイクル可能なスチール缶で提供。年初の試験販売結果が良好、2007年に米国市場デビュー予定
(Business Wire, 2006 October 5)
2006年10月10日
ポケットに入るほどの小さなパウチ容器
米国カリフォルニア州サン・ホゼのポケットショット社により充填/生産/販売されているのは、50mlサイズ、シングル・サーブの直立型パウチ。形状はミニチュア・ボトルに似たもので、注ぎ易いボトルネックとなっている。現在、同州内で、バーボン・ウィスキー、ラム、ウォッカ、ジン、テキーラなどアルコール度数の高い酒類に採用され販売されている。
(just-drinks.com, 2006 October 4)
2006年10月5日
米国地ビール・メーカー
缶に注目
米国でビール消費量の下降が続く中、昨年、地ビール(CRAFT BEER)の売上が前年比9%増加した。これは、米国ビール売上全体の5.5%を占める。地ビールは、ここ2年間、米国飲料・アルコール事業部門で、最も速いペースで成長している飲料のひとつだ。
地ビールには、最近特に顕著に見られる大きな変化がある。使用される容器が、従来の茶色のビンから缶に変わる傾向が見られる点だ。この傾向を推し進めているのが、カナダ、カルガリーを本拠地とするキャスク・ブリューイング・システムズ社。キャスク社は、主にホーム・ブリューワリー、地ビール醸造会社、地ビール・パブ向けに小型キャニング(缶詰)システムを供給する会社だ。
キャスク社の2ライン手動システムは、二人の作業員で、 1分間に14缶、1時間に840缶(25ケース)を生産する。設置面積は、クローゼットほどの大きさだ。 一方、自動キャニング・システムには、グラヴィティ・フィードによるコンベヤー、アンジェラス社製シーマーならびに缶蓋ディスペンサーが含まれる。
キャスク社は、1999年より、国際的な主要製缶会社のひとつ、ボール社(本社、米国コロラド州)、と独占契約を結び、ボール社より印刷缶を取り寄せている。ボール社は、また、マイクロブリューワリーのためにラベルの図柄デザインについてのコンサルティングも提供する。
キャスク社ならびにボール社は、缶発注に際し、155,000缶(およそ20パレット分)以上という最低発注量を設定している。小規模ブリューワリーには、この最低限缶発注量のために、缶の保管場所を設ける必要性が出てくる点が、両社にとり今後ひとつの課題になるかもしれない。
今年5月中旬付のデータによると、キャスク社供給のキャニンング・システムは、カナダ、米国、オーストラリア、ボリヴィア、フィンランド、ハイチ、ジャマイカ、ケイマン諸島、メキシコ、台湾、トルコならびにロシアの国々の合計48のブリューワリーでそれぞれ稼動している。
年間生産量15,000バレル(17,600ヘクトリッター)未満がマイクロ・ブリューワリーと定義されるが、米国内では、1000以上の小規模ビール醸造会社のうち、およそ370社がマイクロ・ブリューワリーと見られている。
自身の地ビールを缶に詰めることを決断した最初のマイクロブリューワリーのひとつは、コロラド州山間の小さな町リヨンズにある地ビール・パブ、オスカー・ブルース。2002年からキャスク・システムを使用している。 昨年、5,000バレルを生産したが、5種の製品のうち3種のビールを缶に詰めている。
鉱山で栄えた歴史を持つコロラド州アイダホ・スプリングスにあるトミーノッカーズ・マイクロブリューワリーもまた、キャスク・システムを購入した米国西部地域にある地ビール・ブリューワリー10社のうちの1社。トミーノッカーズ社によると、1ビン24セントに対し、12オンス・サイズ缶1缶およそ9セントのコストでビールの缶詰が可能になるという。
ビンは、大規模ブリューワリーには、ある種の品質イメージを提供するという点でいまだに好まれて使用される場合がある。マイクロブリューワリーにとっては、必ずしもそうでなない。ビンは、手で持つにも配送するにも重く、割れ易く、リサイクルも容易ではない、ラベル貼りが別途必要となる、冷えにくい、屋外イベントには持ち込みを禁止される…など、その理由はビンのこの様な短所にも関連すると思われる。
過去40年間、缶工程が主要ビール・メーカーに提供してきたシステム高速化は、小規模ブリューワリーにとり決して実践的ではなかった。地ビール産業が成長を続ける今、地ビールのためのシステムが求められている。
(The Filling Business, 2006 September)
2006年10月4日
ロシア、ビール市場成長続く
ロシア経済成長の進む中、成長が特に際立つビール業界。インベヴ社、ハイネケン社とともに、スコティッシュ&ニューキャッスル社(英国)とカールスバーグ社(デンマーク)とのジョイントベンチャー、バルティック・ベヴァレッジ・ホールディングズ(BBH)社がロシアでその存在を増している。同社によると、西欧と同様の事業展開戦略を適用できないのがロシア市場。例えば、英国ではビールの60%がパブ、バー、クラブで消費されるが、ロシアでは90%が酒屋で売上げる。夏は公園で、冬は家で消費するのが通常。大都市にわずかに存在するパブは高級過ぎて一般市民の利用は問題外。酒を嗜まないプーチン大統領による突如のビール販売規制の可能性も考慮すべきリスク。年初には飲料メーカーがスポーツチームのイベントのスポンサーになることを禁止した。しかしそのようなリスクを超えた大きなリターンを秘めるのが現在のロシア経済、そしてビール業界であると、同社は見る。
(The Independent, 2006 October 1)
2006年10月3日
買物客の動向をスキャンし、店内販促効果を調査
米国では、プロクター&ギャンブル社、コカ・コーラ社、ケロッグ社、ミラー社、ウォールマート・ストアズ社を含む小売業界の主要会社が、スーパーマーケットでの買物客動向をチェックする調査に参加。これは、インストア・マーケティング・インスティテュート社供給の赤外線センサーを店内の通路に設置することにより、買物客が店内のどのセクションを訪れたか、その場の広告を見たか、商品を買ったか、などの動向がわかるもの。まだ試験的な段階だが、この種の調査をメーカー側が利用することにより、店内での商品の販促方法や店内自身のレイアウトをより効果的に変更することが可能と関係者は見ている。
(Reuters, 2006 September 27)

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ