ニュース News

業界情報バックナンバー

2006年5月
アンジェラス社
セラミック・ボール・ベアリング・シーミング・ロール
アンジェラス社より供給されるセラミック・ボール・ベアリングを使用したシーミング・ロールは、その機能と耐久性ゆえに多くの利点がありますが、その中でも特に、ベアリング延命、シーミング・ロールの引きずり軽減、けば立ちの減少、より良い巻締め性ならびにティン・フリー・エンド使用時のラッカー・ビルドアップの減少が特徴です。ベアリング・レースとその他構成部品は耐腐食性に富んだステンレス・スチール製です。 このベアリングはアンジェラス社製シーマーの「L」、「S」タイプに使用可能です。 ロール自体はシーミング・ロールの長寿命化の為、チタン・コーティングされています。
これら最先端の材質を使用するロールは、大幅に延命し、引きずりが減少し、より低温での使用が可能となりました。 これは、つまり、潤滑の必要性減少、ダウンタイムの減少ならびに生産性向上に導きます。 ロール設計は改善されていますが、設定方法は従来のロールと変わらずに容易に実施することが可能です。
このセラミック・ボール・ベアリング・タイプ・シーミング・ロールに費やす初期費用は、生産時間の向上により簡単に回収されます。 実際に導入された客先の報告によると、従来のロール使用時は、潤滑を行うために、4時間に一度機械を10分程度停止させていましたが、セラミック・ボール・ベアリング・タイプを使用した結果、20時間(10時間シフトx2)継続して機械を稼動させることに成功し、また、通常の機械洗浄(CIP)の間にロールに潤滑を行いました。 その結果、平均して週に2.5時間(150分)生産時間を節約し、45週/年稼動した場合、およそ6750分の生産時間節約効果があることが明らかになりました。 仮に1500cpmの速度でアンジェラス社製120Lシーマーを稼動した場合、24缶/ケースの単価が$6.00とすると、年間に$2,531,250の生産増加が見込まれることになります。
現在72時間に一度の潤滑しか要求しないアンジェラス社製シーミング・ロールを使用しているある客先は、従来品を4時間に一度潤滑して使用していた時の約3倍もの時間、アンジェラス社製シーミング・ロールを連続生産に使用できていると報告しています。
2006年5月
DIEC社:インターフェックスに出展・5月17日〜19日東京ビッグサイトで
携帯二酸化炭素測定器、ボトル衝撃・温度感知器ならびに大容量ブロワーをご紹介致します。 DIEC社電話03.3625.1501にて、入場券のご案内致します

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ