ニュース News

業界情報バックナンバー

2005年2月
プライド社
缶ボディメーカー機搭載のウレタン製ツールパック
プライド社は、ウレタン製スプリングを装備した新ツール・パックを発表しました。 このツール・パックは、B6ボディーメーカーに搭載され、384cpmの速度にて1年間順調に稼動している実績を有しています。 製缶会社は、この製品を非常に高く評価しています。
ウレタン材質が使用されたこのツール・パック・モジュールにはいくつかの利点があります。 例えば、優れたフランジ厚制御、裂けの減少、ダイの延命化等のフローティング式ツール・パックの持つ利点全てを備えた上、このツール・パックは下記利点も提供します:
 1. リング・マーク減少: フローティング式ツール・パックは、しばしば、ダイ振動が原因で缶   胴にツーリングのマークを残してしまう場合があります。 ウレタン素材には、車のバンパー   の様に衝撃を吸収緩和させる効果があります。
 2. ウレタン製スプリングの劣化速度は非常に遅い為、スプリング不良が突然発生せず徐々に劣化   する事により、オペレータに長い交換準備期間が与えられる事になります。
 3. ツール・スチール製のピンには、ダイ・リングとの間に非常に大きな接触面が与えられていま   す。 この大きな接触面のおかげで、リングはより自由に回転し、非常に長い間、ダイ・リン   グの外径にマーキングを残す事無く、あるいは損傷させる事無く長期間の使用に耐えます。
 4. ボディメーカー・クレイドル上にモジュール設置されている外周部にウェア・プレートが取り   付けられています。 このプレートの硬度は非常に高く、又、交換可能な構造になっていま   す。
このツール・パックは、ダイ・リングを浮遊させる目的でウレタンあるいはゴム材質が使用された従来のツール・パックとは全く異なるユニットです:
 1. ウレタン製スプリングは、ダイには直接接触していません。 スプリングが直接ダイに接触す   る代わりに、大径のピンが使用されています。 ウレタンあるいはゴム製のスプリングがダイ   と直接接触していると、スプリングはダイからの振動を絶え間なく受ける為、比較的短期間に   しかも偏磨耗する傾向にあります。 ダイ・リング近辺のウレタン材のみが、スプリング高価   を発揮していた事になります。
 2. さらに重要なことは、このピンが非常に正確に停止することです。 これらのピンは、研磨さ   れた面上のキャビティに固定され、スプリング/ピンによりダイがセンターを越える位置まで   押されてしまうことを防止します。
プライド社の供給する新ツール・パックにはカバーが取り付けられていません。 その理由は、ダイ交換の際のモジュール・カバーの取り外しや、交換後の再取り付けにあまりにも時間がかかるという苦情が客先から寄せられていたからです。 以前カバー内に収納されていたユニット(エア・リフト・オフやクーラント分配装置)は、モジュールの前面あるいは背後にあるスペーサーに移動されました。
プライド社は、ラグズデール・ボディメーカー用として新ツール・パック・クレイドルを発表しました。 このクレードルを使用する事により、モジュール型ツール・パックをプライド社供給のフローティング式ツール・パックの様に使用することが可能となります。 このツール・パック・クレイドルもまた1年以上順調に稼動している実績を持っているとのことです。
2005年2月
ベルバック社
缶トリム機に搭載のソフト・タッチ・インフィード(STI)最新情報
米国ベルバック社供給の2001年販売開始の「品質向上インフィード・デザイン」、通称STI(ソフトタッチインフィード)は、その後100台以上の弊社製トリマーに装備され、客先に納入されました。 また、2005年には、30台以上のトリマーにこのSTIが装備され出荷される予定です。 
STI(ソフト・タッチ・インフィード)は、缶への損傷発生を防止するデザインで、業界の薄肉化ならびにライン増速に対応する最新技術です。STIは、ビール・飲料向け軽量2ピース缶ならびに高速ラインの速度に対応し、インフィード内での缶に対して非常に優れた制御を供給し、トリマーのメイン・ターレットへスムーズに缶を移行させるものです。
既存トリマーにSTIを追加装備した台数は、現時点で20台以上に上ります。 非常に軽い缶に傷や小さな凹みを発生させる傾向にある300cpm以上の速度で稼動する高速ラインにてオリジナルのインフィードが装着されているトリマーを採用する際の対応策として、STIは設計されました。 STIをこの様なオリジナル・インフィードが装備されたトリマーに取り付ける事により、缶損傷に関る諸問題を解消する能力を有しています。 すでに使用されている既存トリマーに対してこのSTIを現場にてレトロフィットさせる場合には、径変更実施時が一番良いタイミングであるとベルバック社はコメントしています。
ベルバック社製STI装備の新型トリマーを最近購入したヨーロッパの在る客先は、STIの性能を高く評価し、STIが装備されていない既存トリマー15台に対して、STIを取り付けることを決定しました。
STI付きトリマーを持つ他の客先からも、このSTIインフィードは従来のものと比較し、非常に効率的であるとのコメントが届けられているとのことです。

お問合わせ

弊社取扱製品に関するお問合せは、下記にご連絡ください

お問合わせフォーム

TEL 03-3625-1501
FAX 03-3625-1770

ページの先頭へ